« 思いだす事など | トップページ | 夕焼け道中 »

妄想癖①ヤギの巻

私「ヤギって・・・どうっ?」017

(ま)「・・・・・どうっ?・・・・・」今回も私の唐突な質問にとまどう犬

私「けっこう気が合うと思うよ。」

(ま)「・・・・・・はぁ・・・・・」

私「おさんぽだってさぁ。土手とか一緒に行けるだろうし・・・・いいと思うなぁ楽しいだろうなぁきっと」

(ま)「・・・・・・・・・・・・はぁ・・・・・・・」

私「えさはさぁ八百源でキャベツの皮とか、にんじんの葉っぱとか分けてもらえるしね」

(ま)「・・・・・・・はぁ・・・・・・・・」

私「噂によると、ヤギも踊るらしいよ。」

(ま)「・・・・・・ヤギがですかぃ?・・・・」

私「そう。ヤギが!」

(ま)「・・・そいつは・・・すげぇですね・・・・」

さて、ヤギである。アルプスでヤギと心を通わせる心優しい少女の話し。名作「アルプスの少女ハイジ」に心ときめかせていた私の幼少時代、幼い私は、すばらしいアルプスの山々に囲まれ、ヤギと、寡黙だが心優しいおじいさんと、素朴なヤギ飼いのペーターという友人を持つ、明るく心優いハイジにモーレツに憧れていた。余談だが、それほどまでにハイジに憧れていたにもかかわらず、幼い私はなぜか「アルプスの少女」をかなりの間「イルクスのしょうじ」と発音していたらしい。(じもん母談)話しは戻るが、とにかく幼少期のかなりの時間をヤギとアルプスで暮らす妄想に費やしていたというのを覚えている。

さて、現在3○歳。幼少期に比べ、多少現実的にはなったが、あまり発想は変わらない。今日も仕事の片手間に妄想にふける。お題「我が家にヤギが来たら!」今回もかなり具体的なところまで妄想は進む。犬(ま)にもヤギについて熱く語る。

いつかヤギと・・・・・・・・妄想は続く・・・・・・・。

|

« 思いだす事など | トップページ | 夕焼け道中 »

日常の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525985/10594453

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想癖①ヤギの巻:

« 思いだす事など | トップページ | 夕焼け道中 »